とりあえず車を楽しむ

とりあえず車を楽しむ

興味のある分野と日々の気付き、学びについて情報発信するブログ

【詐欺注意】危うく詐欺ネットショップに騙されるところだった

f:id:humidasu_1:20190831225319j:plain

ネットショッピングは我々の身近な存在となってきていますが、悪質なネットショップによって詐欺被害にあう人がいるようです。

ネットショッピング詐欺とは、ネットショップにて商品を注文し、代金を支払ったのにも関わらずにいつまでも商品が届かなかったり、中身の違う商品が届いたりする詐欺行為のことです。

ネットショッピング詐欺なんて、聞いたことはあるけど縁がないと思っている人は多いかと思います。自分もそうでした。

しかし、悪質なネットショップは意外と身近な存在で私も引っ掛かりそうになりました。注意喚起も込めて、悪質ネットショップとの遭遇~詐欺だと見抜けた経緯について書いていきます。(実際に騙されたわけではないので断定はできませんが、ほぼ100%黒でしょう)

車用品が安いネットショップを見つけた

直接商品名で検索して探したらヒット

当時、私はレガシィのショックアブソーバーや車高調について色々と物色していました。新品のショックに交換したばかりの頃でしたが、今後の交換するときのことも考えてショック・車高調をより安く手に入れられないかと考えていたわけです。

ネットショッピングするとき多くの人は、Yahoo!や楽天、amazonなどの総合ショッピングモールから商品購入すると思います。

私はもっと安い物がないかを求めてYahoo!トップページの検索で商品名を入力し、ヒットしたものを上から順に見ていくという方法で探しました。検索したワードは「BLレガシィ KYB Lowfer Sports」です。 ※「BLレガシィ」は4代目レガシィのB4の意味、「KYB Lowfer Sports」はショックアブソーバーの商品名

f:id:humidasu_1:20190830234811p:plain

検索1ページ目にはYahoo!ショッピングの検索結果やみんカラのレビューなどメジャーなものが多く表示されます。

 

f:id:humidasu_1:20190901213008p:plain

2ページ目以降になるとショッピングサイトと思しきものが多く見られるようになります。※はっきり言うと2ページ目以降のショッピングサイトには怪しいものが多いです。

ページをクリックすると「404 not found」などの表示が出てサイトが存在しないものが多いですが、ちゃんとサイトが存在するものもあります。

大手ショッピングサイトよりも大幅に安い

私はその中のサイトの1つを開きました。車用品をメインに取り扱っているショップのようです。

f:id:humidasu_1:20190901020639p:plain

「BLレガシィ用 KYB Lowfer Sports 1台分」がYahoo!ショッピングでの最安値が54,000円程のところを32,549円と格安で売られています。約4割引きです。Yahoo!・楽天・amazonにはこの値段で販売されているものはありませんでした。送料無料も謳っており、めちゃくちゃ魅力的なネットショップです。

冷静に考えると相場より大幅に安いというのは怪しさマックスですが、調べたところ、Yahoo!・楽天・amazonには出店されていないショップのようで、出店料が掛からない分、安く販売できるのかなくらいに考えていました。

 

タイミングが悪ければ騙されていた

 私は直前にYahoo!ショッピングで上記商品を購入済だったので、安い物を見つけたからといってすぐに購入することはありませんでした。値段の安い在庫がなくなる前に買い置きしたいと思いつつも、ブックマークに当該ページを保存して様子見をしてました。怪しいと思っていたのではなく、買うのか買わないのか迷っていたのです。

もしYahoo!ショッピングでショックアブソーバーを購入する前に、上記のサイトを見つけてしまっていたら間違いなくすぐに購入していたと思います。最初に上記サイトを開いたときは、詐欺サイトだという考えは全くなかったのですから。

それどころか、こんな安いショップがあったなんて、Yahoo!ショッピングじゃなくてここで買えばよかった。大手総合ショッピングサイトからではなく、直接検索すれば他の人が知らない穴場の安いショップがあるんだという裏ワザを発見したような優越感に浸ったのです。

怪しいサイトだと気付くまで

あるとき、ふと「悪質ネットショップ」について検索して調べていると、ネットショップ詐欺に引っ掛かった実体験を載せている人のブログを発見しました。その内容を見ていると、詐欺ショップの特徴がなんだか自分がブックマークしているネットショップと似ていたのです。

そこで、ブックマークしていたネットショップを隅々まで見ると、冷静になってみると分かる怪しい点が続々と出てきました。

日本語がおかしい箇所がある

初めに怪しいと思ったのは不自然な日本語がある点です。下記記事を見て急に怪しさを感じ始めたのです。

ネット通販詐欺サイトに注意!!私が騙されたサイトはここだ! | ひろログ!

こちらのブログの方は実際に詐欺サイトに騙されて被害を受けたようですが、その詐欺サイトの特徴として会社概要の定休日の欄に下記のおかしな日本語があったことについて指摘されています。

土・日曜日、祝日(*土、日曜日で出荷は致しておりませんです)

日本語に不慣れな人が書いたような文章です。

 

f:id:humidasu_1:20190901001806p:plain

こちらは私が怪しいと思っているショップサイトの会社概要ですが、「土・日曜日、祝日(*土、日曜日で出荷は致しておりませんです)」という上記ブログで指摘されている詐欺サイトと全く同じ文言が書かれています。

これによって、同じような詐欺サイトをコピペで量産しているんじゃないかという疑いが生まれました。

他にも日本語がおかしい箇所はところどころあったため、初めてブックマークしていた安いネットショップが怪しいと思うようになりました。

所在地が貸し物件となっている

f:id:humidasu_1:20190901000422p:plain

会社概要で所在地の住所をGoogleストリートビューで調べたところ、貸店舗となっており、明らかに使用されていない物件でした。会社概要を見ると2005年設立で現在も存在する会社のはずなのに、2018年更新のストリートビューで貸店舗となっているのはおかしいです。

ブックマークしていたサイトが消えている

見つけた安いネットショップは一つだけでなく複数あり、全てブックマークしていました。ブックマーク後、時折、売り切れていないかの確認のためチェックしていたのですが、いくつかのサイトは消えていることがありました。

今思うと、詐欺が発覚して証拠隠滅のためにサイトを閉じたのでしょうか?

20,000円以上の物しか売っていない

f:id:humidasu_1:20190901000513p:plain

価格帯から探すという欄があり、500~8,000円という項目もありますが、ヒットする商品がなく、実際には20,000円以上の高額商品しかヒットしません。1,000円のカーシャンプーとかで詐欺に成功しても割に合わないのでしょう。

悪質ネットショップはいかにも怪しいという見た目ではない

f:id:humidasu_1:20190901010037p:plain

悪質ネットショップはサイトデザインも一見しっかりしていて、詐欺サイトのようには見えません。ぱっと見で明らかに怪しいというものではなく、細かい部分を見ていくと怪しい部分が見つかるくらいで、注意していないと騙されてしまう可能性は十分にあります。

利用規約などもどこかのサイトのコピペかもしれませんが、しっかりしたものが載っているので、信憑性が高まってしまうのです。

中には悪質ネットショップなのかちゃんとしたショップなのか判別が難しいサイトもありました。

真っ先に怪しいと警戒するべきなのは、相場よりも安い値付けがされている場合です。Yahoo!や楽天、amazonなどの大手総合ショッピングサイトの最安値よりも安い場合は、疑ってみた方がいいと思います。

ただ、タイヤなどの逆輸入品で本当に相場より大幅に安い(40%引きなど)ことはあるので、必ずしも安いから怪しいとは言い切れないところです。

私の見た怪しいサイトでは値段が安い理由についてよくある質問欄にて下記の説明がされています。安いことによって逆に疑われることを見越してのことなのでしょう。

f:id:humidasu_1:20190901013119p:plain

要約すると「海外から大量に仕入れることでコストダウンが可能なため」とのことです。

消費者側のネットリテラシーが大事

一番伝えたいのは、悪質ネットショップは身近に存在していて、誰もが騙される可能性があるということです。ネットがつながる環境さえあれば誰でもアクセスできます。そして商品を安く購入したいという消費者の心理をつけねらい、巧みに騙そうとします。

今回私は怪しいサイトであることに気付き、騙されるのを回避できましたが、実際に騙される人もいるので、他人事だと考えずにネットショッピングする際には十分に注意を払うべきだと思います。

下記に当てはまるときは詐欺サイトに遭遇する可能性が高いので注意しましょう。
・商品が相場より大幅に安い
・Yahoo!・楽天・amazonなどからではなく、ネットのトップページから商品名で直接検索するとき
・欲しい商品がYahoo!・楽天・amazonなどでは在庫切れだったが、在庫有りのショップが見つかった

 

ちなみに「〇〇〇(商品名) 逆輸入品」と検索しても怪しいサイトがヒットする場合があります。

気軽に安く購入できるネットショップですが、消費者側が感覚を研ぎ澄ましてちゃんとしたショップなのか怪しいショップなのかを見極めることが大事です。ネットで数万円する高額商品を購入する際には、少し疑ってみることも必要なのかもしれません。