とりあえず車を楽しむ

とりあえず車を楽しむ

興味のある分野と日々の気付き、学びについて情報発信するブログ

とりあえず車を楽しむ

【レビュー】DeliTooの7色に光る超薄型のワイヤレスマウスを購入してみた

 

先日、仕事用のマウスを購入しました。これまでは小型のワイヤレスマウスを使っていましたが、小さいが故に長時間使っていると疲れるので、普通サイズのワイヤレスマウスを購入することにしました。

 

 

7色に光る超薄型マウス

Amazonでワイヤレスマウスを物色していたら「7色LED」「超薄型」という文言に目がとまりました。商品ページを見るとなかなか良さそうだし、値段的にも1,480円と安かったので早速注文しました。

 

DeliTooという中国ブランドの製品のようです。

 

 

↑購入したのはこちらの商品です。

 

届いた商品の中身

f:id:humidasu_1:20200524010355j:plain

 製品パッケージはこんな感じです。

f:id:humidasu_1:20200524010841j:plain

・マウス本体
・充電用ケーブル
・取り扱い説明書
・マウスパッド

内容物は以上です。ワイヤレスのレシーバーはマウス裏に格納された状態でした。

 

商品の特徴

平べったく薄型のデザイン

このワイヤレスマウスは平べったく薄型であることが特徴的です。

f:id:humidasu_1:20200524011337j:plain

左が本商品、右が私が自宅用に使用しているロジクールのマウスです。比べてみると薄さが分かると思います。この外観についてはネットショップの商品ページ曰く「人間工学に基づいて」のようです。

使い心地については後述します。

f:id:humidasu_1:20200524012539j:plain

サイズの比較です。ちなみに一番右にあるのが冒頭で述べた小さくて使いにくいマウスです。

 

7色のLEDのイルミネーション付き

これが一番興味をひかれた特徴です。

f:id:humidasu_1:20200524014904j:plain

光り方としてはマウス内部で発光しているのかと思いますが、その光がサイドとロゴ部の透明なプラスチック部分から漏れ出てくるような感じです。

 

f:id:humidasu_1:20200524015410j:plainf:id:humidasu_1:20200524015419j:plainf:id:humidasu_1:20200524015428j:plainf:id:humidasu_1:20200524201049j:plain

部屋を暗くするとこんな感じに見えます。1~2秒間隔で色が変わっていきます。光量的には暗い部屋で見ても眩しくはありません。

ただ、製品の個体差なのかそういうものなのか、色の切り替わり方がぎこちないときがあります。

 

充電式で電池交換が不要

本商品はワイヤレスマウスですが、電池式ではなくUSBケーブルによる充電式です。電池式だと電池切れのときに電池のストックがない場合は、買いに行かなければならないなどの手間が発生するので、充電式はとてもありがたいです。

乾電池のゴミが出ないのも良いですね。

f:id:humidasu_1:20200524095552j:plain

ワイヤレスのレシーバーと充電ケーブルを挿せる分のUSBポートがあれば、充電しながらでもマウスとして使用できます。

 

クリック音が静か

静音マウスを銘打っているだけあって、クリックしたときにカチカチという音がせず、ほんとに静かです。それでいてクリック感はちゃんとあります。

静かな環境での使用や音を出すのを気にする人にはいいかと思います。

 

実際に使用してみた感想

使用し始めてまだ一週間程度ですが、使用感や思ったことについて書きます。

 

超薄型の使用感

今まで使っていたのが一般的な形状の手のひらで包み込むようにして使うタイプですが、超薄型の本商品は手のひらを広げて使う感じになるので、最初は違和感がありましたが、慣れると特に問題はないです。

f:id:humidasu_1:20200524104144j:plain

ただ、薄さのデメリットとしてマウス側面の面積が小さく、滑り止めもついていないので、マウスを机から一瞬浮かすようなときに手との一体感が薄いかなと思います。

 

個人的には、今のところは普通の形状のマウスの方が使いやすいです。

 

LEDイルミネーションの感想

上述していますが、1~2秒間隔で次々と色が切り替わっていきます。パソコン作業中に手元のマウスを見ることはほとんどないですが、ふと見えた時にLEDが光っているのはお洒落に感じます。

f:id:humidasu_1:20200524105718j:plain

LEDはマウス裏のスイッチでオフにもできます。このスイッチは小さくて切り替えにくい上に、ちょっとした力でポキっと折れそうなのが怖いです。

後、予想外だったのがLEDをオンにしていた場合はパソコンの電源を落としてもマウスは7色に光り続けます。パソコンを使用していないのにマウスだけ光り続けるというのは違和感がありますし、電力も消費するだろうし、できればパソコンの電源と連動してほしかったです。

 

操作性について

読み取り方式は赤い光の光学式ですが、同じ光学式のロジクールのマウスと比べると反応の滑らかさには劣ります。

 

f:id:humidasu_1:20200524113055j:plain

マウスホイール下にスイッチがあり(赤丸部)、押すことでDPIを800/1200/1600で調整してマウスの感度を変更できます。

気になった点としては、左右のボタンはクリックするときの力が弱いとクリックしたことにならないことがあります。特にドラッグして範囲選択するときなどに押す力が弱いと意図せずドラッグが解除されることがあります。

 

 

作りが安っぽい

f:id:humidasu_1:20200524204609j:plain

商品画像だと上質なマウスに見えますが、実物は細部を見ると安っぽさを感じます。表だけ見るとそうでもないのですが、裏から見るとそう感じざるを得ません。

マウスソールもついていないので、マウスを机の上でスライドさせるとプラスチックが擦れるガサガサ音がなります。クリック音は静かなのに・・

縦長に2本マウスソールっぽいものが入っていますが、これはプラスチックですね。

 

こういうときは、カグスベールを切り貼りしてマウスソール代替品として使うのが定番になっているようですね。

 

薄型なので見た目のインパクトはありますが、よくよく見るとのっぺりとしたデザインで本当に人間工学に基づいた形状なのか、やや疑問です。

f:id:humidasu_1:20200524110646j:plain

マウスホイールも若干斜めに取りついています。(操作への影響はない)

 

 

まとめ

薄型のマウスは初めて使いましたが、慣れると特に違和感もなく使用することができます。

7色に光るイルミネーションはいらないかなと思いました。パソコンをシャットダウンしても、マウス本体のスイッチを切り替えない限りマウスが光り続けるというのは結構マイナスポイントです。

 こういう↑「く」の字に折れ曲がる薄型マウスも面白そうです。

 

f:id:humidasu_1:20200524200400j:plain

ちなみに、商品レビューを書くとスマホリングが無料でもらえます。やたら商品レビュー数が多いなと思っていましたが、こういう理由があったんですね。(私もレビューしました)

おまけにしてはしっかりした作りのモノです。

調べてみたらちゃんと商品として販売されているものみたいです。↓

 

 

'