とりあえず車を楽しむ

ダイソーで買った500円のワイヤレスイヤホンのレビュー←おすすめしない

先日、ダイソーにて500円で売られているワイヤレスイヤホンを購入しました。普通500円のワイヤレスイヤホンと聞くとかなりの安物と思いますが、100均であるダイソーの500円商品なので、なんだか高級品を買った気分です。

音質を重視するならダイソーのイヤホンってどうなんだろうと思いますが、今回は音楽鑑賞用ではなく、とにかくワイヤレスのイヤホンが欲しかったので、この商品を選びました。

ダイソー500円のワイヤレスイヤホンを実際に使用してみての感想を書きたいと思います。タイトルにも記載していますが、

結論:とある理由により、おすすめはしません・・・

 

購入したダイソー500円のワイヤレスイヤホン

f:id:humidasu_1:20210507174323j:plain

購入したのはこちらの製品です。最初見たときはワイヤレスイヤホンがダイソーでも買えるんだと驚きました。

f:id:humidasu_1:20210507175047j:plain

内容物はイヤホン本体と充電用のケーブル(USB-A⇔micro USB Type-B)、取扱説明書です。

 

f:id:humidasu_1:20210507175618j:plain

イヤホン本体は左右がケーブルで繋がっている一体型のタイプですね。

左右独立タイプと違い、完全なワイヤレスとは言えないかもしれませんが、首に掛けられるので、落下しにくいというメリットがあります。

私の耳にはイヤホンがジャストフィットしないことが多く、途中でぽろんと落ちることが多々あるので、むしろこちらのタイプの方が良いかもしれません。

f:id:humidasu_1:20210507181614p:plain

イヤホンはプラスチックではなく金属製でなかなか質感が高いです。耳へのフィット感も悪くありません。また、マグネットが内蔵されているので、写真のように背面同士がくっつき携帯性が良くなっています。

f:id:humidasu_1:20210507181859j:plain

充電ケーブルはUSB-Aとmicro USB Type-Bの組み合わせです。

 

使用してみての感想

音質に関してはお世辞にも良いとは言えないですが、値段を考えるとこの程度なのかなと納得はできます。モヤっととした音なので、音楽鑑賞には向かないと思います。

音声通話やYouTubeの話し声を聞くなどの用途では全く問題ないです。

f:id:humidasu_1:20210507182520j:plain

音量調整はリモコンから行えますが、ボタンが早送り/戻しと一体になっているため、音量調整する場合は長押しする必要があります。そのため微調整が難しく、思ったよりも上がりすぎたり、下がりすぎたりします。

一応ハンズフリー通話にも対応しています。

f:id:humidasu_1:20210507183409j:plain

充電の持ちは製品パッケージのスペックには連続使用で2-3時間と記載されています。

実際に音量は小さめで連続使用したところ、電池切れになるまで5時間20分程使用できました。スペックの約2倍の持ちなので、ここは良い意味で裏切られました。

 

本製品をおすすめできない理由

音質に関しては値段なりとして、このワイヤレスイヤホンをおすすめできないのには、たった一つの理由があります。

それは、バッテリーの容量が減ってきたときに発する警告音がめちゃくちゃ大きいからです。

f:id:humidasu_1:20210507184523j:plain

説明書に、バッテリーの容量が減ると「Di Di」という音と共に赤色LEDが光ります。との記載がありますが、この「Di Di」という音がとんでもなく大きいのです。(Di Diというのは聞きなれない擬音語ですが、ビーッビーッというような音です。)

バッテリーが残り少なくなると、この警告音が何の前触れもなく唐突に鳴ります。

文章では伝わりませんが、例えばもののけ姫の曲を聴いていたとして、「悲しみと怒りにひそむ ♪ ビーッビーッ!」というように耳をつんざく程の爆音がなります。

思わず体がビクッとなるくらいに大きな音です。しかもその音のトーンが緊迫感を与えるような感じなので、最初は「何が起きたの?緊急放送か何か?」と思うくらい焦りました。

音量はかなり小さめにしても警告音だけは爆音なので、固定の音量なのではないかと思います。

正直、一回でもこの体験をすると、唐突な爆音が怖くて常にバッテリーの容量を気にするようになります。

私はたまにイヤホンを付けてASMRなどを聞きながら眠りにつくことがありますが、バッテリー容量が少なくなって、ビーッビーッと鳴ったら間違いなく飛び起きます。

仕事で通話用として運転中にイヤホンを付ける人もいると思いますが、急にこんなでかい音が鳴ると事故の元になりそうです。

 

警告音が鳴ってからバッテリー切れになるまでは以下の流れでした。

  • 1回目の警告音「Di Di」がなる
  • (1分後)2回目の警告音「Di Di」がなる
  • (1分後)3回目の警告音「Di Di」がなる
  • (1分後)4回目の警告音「Di Di」がなる
  • (4回目の警告音の後すぐに)「Power off」の音声と共に電源が落ちる

警告音なしでプツンと切れてくれた方が良いのに・・・

ちなみに、「Di Di」というのは中国語で「嘀嘀」と書き、車の「ブーブー」というクラクションの擬音語として使われるらしいですね。

 

まとめ

ダイソーで500円のワイヤレスイヤホンを購入してみましたが、バッテリーが少なくなったときの警告音があまりにも大きいので、個人的にはおすすめできません。

まさに安物買いの銭失いでした。

よっぽどお金を掛けたくないとかでなければ、↓のような3000円くらいのワイヤレスイヤホンを買った方が良さそうです。

 

'