とりあえず車を楽しむ

とりあえず車を楽しむ

興味のある分野と日々の気付き、学びについて情報発信するブログ

BL/BPレガシィのダッシュボードの値段は?純正部品はやっぱり高い

私の乗っているレガシィは2007年式で、今年で新車製造から12年目になります。

12年もたつといろんな部品が壊れたり、古くなってきたりしますが、内装部品の劣化も目立ってきます。特に劣化が激しいのが、ダッシュボードです。

車に乗るたびに目に触れる部品なので、交換したいなと思っていましたが、ダッシュボードは値段が高いことは知っていたのでそう簡単に交換に踏み切れるものではないですね。

先日、スバルディーラーに行った際にダッシュボードの値段を聞いてきましたので、記録代わりに書きます。

ダッシュボードの劣化状況

f:id:humidasu_1:20190414220409j:plain

f:id:humidasu_1:20190414220414j:plain

BL/BPレガシィのダッシュボードは全体に表皮が貼ってあります。ソフトパッドなどと呼ばれているものですね。

材質はPVC?なのかどうかは分かりませんが、長年の使用によって表皮の材質が変化してぺたぺたした手触りになり、ところどころにひび割れが見られます。

写真からは分かりませんが、表面がぺたぺた(べたべたではない)していて埃が付きやすいです。手で払っても落ちにくいです。夏になりダッシュボードが熱くなると、ぺたぺた度合いが強くなります。

また、この点が一番困っているのですが、表皮の部分がもろくなってきています。イメージ的には指でつまんで引っ張るとつまんだ部分が簡単に破けてしまいそうなもろさです。この表皮のもろさが原因となり亀裂が入っているのだと思います。

以前、このダッシュボードに両面テープで貼っていたレーダー探知機を設置場所を変えようと外そうとしたときに、表皮ごとぱっくりとはがれてしまったことがあります。

同じ表皮が使われているドアトリムの表皮部分はこのような劣化はないのですが、ダッシュボードは日光を浴びて非常に高温になる過酷な環境にさらされるので、ある程度の年数がたつと熱による劣化は仕方のないことなのでしょうか。

真夏時にはサンシェードをしていないとダッシュボードで目玉焼きが焼けるといわれるほどですからね。

毎日このような灼熱地獄にさらされて、冷やされてを繰り返していることを考えると劣化するのも無理もないことなのかもしれません。

車内にある部品ですが、思っている以上に過酷な環境に耐え、ぼろぼろになるまで頑張り続けていたのでしょう。

ダッシュボードの交換に掛かる費用(概算)

先日、ディーラーに行った際に、ダッシュボードのおおよその値段を聞きましたので、参考までに載せておきます。正式な見積もりを出してもらったわけではないので、だいたいの値段です。

ダッシュボード本体:5,7000円ほど

交換工賃:2,6000円ほど

工賃合わせると9万近い。やっぱり高いです。

ステアリングが5~6万くらいなので、同じくらいの値段ですが、ステアリング交換は難易度が低く自分でもできる作業なのに対して、ダッシュボードの交換はかなりの部品を外したりしないといけないはずなので、自分でばらして元に戻せる自信が全くありません。なので、もし交換するとしたらディーラーに頼むしかないですが、工賃まで含めると高いですね。

純正部品は高い

最近、ディーラーでいくつか純正部品を注文しました。純正部品が高いのは誰もが知っていることだと思いますが、自分が想像していたより高かったです。

・クリップ 1個70円

・ショックアブソーバーのダストカバー 1個760円

・バンプラバー 1個1,140円

ダストカバーなんて筒状のただのプラスチックですが、これが1個税抜き760円します。4本分揃えると、3000円程になってしまいます。こんなものだというのは分かっていましたが、いざ純正部品を買うとなると改めて高いと思いました。

生産終了した車の純正部品は年々値上げされる

 ディーラーの人から聞いた話では、BL/BPレガシィのような生産終了からある程度の年数が経っている車の純正部品の値段はものにもよるそうですが、年々上がっていくそうです。

そのため、買うことが確定している部品は生産中止になるのがまだ先のことであったとしても早めに購入した方が良いようです。

生産終了から年数が経っている車を所有することがあれば、将来的に交換する予定が確定している部品があるならば、早い段階で買っておくのが良さそうですね。