とりあえず車を楽しむ

とりあえず車を楽しむ

興味のある分野と日々の気付き、学びについて情報発信するブログ

【商品レビュー】電波遮断キーケース リレーアタックを防ぐ!

最近、ニュースなどでリレーアタックという言葉をよく聞きます。スマートキーの特性を悪用した車の盗難手段の一つです。

最近の車にはスマートキーが標準装備されていることが多いです。キーをポケットや鞄から取り出すことなく、ドアの解錠・施錠、エンジン始動ができるため便利ですが、リレーアタックによって、いとも簡単に車を奪われてしまうケースがあるようです。

リレーアタックは、電波を遮断するキーケース、ポーチを使うことで対策できますが、先日購入しましたので、商品のレビューをします。

そもそもリレーアタックとは?

スマートキーはドアの開閉、エンジン始動の瞬間だけでなく、常に微弱な電波を発し続けています。

通常、ドアの解錠はスマートキーをある程度車に近づけないとできません。エンジン始動はスマートキーが車内にないとできないはずです。

しかし、特殊な装置を使って、スマートキーから発せられる微弱な電波を増幅させることでスマートキーが離れた場所にあっても、ドアの解錠、エンジン始動ができるようになります。

f:id:humidasu_1:20190805081957j:plain

引用元:GIGAZINE

自宅や出先の駐車場に車をとめているときに、犯人が車とスマートキーの間で電波の受信→増幅→送信を繰り返すことでドアの解錠、エンジン始動をし、運転して車ごと盗んでいきます。

電波を中継することからリレーアタックと呼ばれるようです。

スマホから出ている微弱な電波を遮ることができたら、リレーアタックは防ぐことができます。

電波遮断キーケースを購入

期間固定Tポイントの失効が近づいていたので、ポイント消化も兼ねて購入しました。

購入したのはこちらの商品

 

f:id:humidasu_1:20190804212943j:plain

2個入りです。メインキーとスペアキー両方を入れておかないと意味がないので、ありがたいです。ケース自体は予想していたよりも大きかったです。キーはすっぽりと入るくらいの大きさです。

f:id:humidasu_1:20190804213149j:plain

スマホとの比較写真です。

 

f:id:humidasu_1:20190804213331j:plain

キーケースはカーボン調の見た目です。質感的にはそんなに安っぽさはないです。ショップの商品説明には素材:炭素繊維と書いてあるので、カーボン調ではなく、本物のカーボンなのでしょうか??(無知なので分かりません。)

f:id:humidasu_1:20190804215140j:plain

蓋はマジックテープでとめます。

f:id:humidasu_1:20190804215238j:plain

f:id:humidasu_1:20190804215810j:plain

キーリング付きなので、スマートキーとキーケースを繋げられます。スマートキーを鞄に入れっぱなしの人にはいいかもしれません。私はポケット派ですが、ポケットに入れるには大きいので、キーリングはおそらく使いません。

 

キーケースのポケットは内側と外側の2つあります。

f:id:humidasu_1:20190804221151j:plain

こちらは内側のポケットです。内側のポケットには電波遮断の機能があります。

f:id:humidasu_1:20190804221128j:plain

こちらは外側のポケットです。こちらには電波遮断の機能はありません。

注意点は内側のポケットにキーを入れたつもりが外側のポケットに入ってるということがあることです。

本当に電波遮断できるのか?

電波遮断キーケースにスマートキーを入れて自車のドアの解錠を試みました。

f:id:humidasu_1:20190804222355j:plain

キーケースをドアに触れるくらいまで近づけて、赤丸のリクエストスイッチを押しました。

すると、反応がありません。2,3度試しましたが、反応はないので、しっかり電波を遮断しているようです。

f:id:humidasu_1:20190804222540j:plain

密閉した状態でないと効果がないのか気になったので、蓋を開けて試してみました。

この状態でも反応せず、解錠はできませんでした。

f:id:humidasu_1:20190804223217j:plain

ならば、これでどうだと、口の開いている方を車に向け、スマートキーと車の間に遮るものがない状態で試しました。

しかし、驚いたことに、これでもリクエストスイッチを押しても反応はありませんでした。スマートキーの電池切れを疑いましたが、ケースから出すと、ドアを解錠できるようになったので電池切れではありませんでした。

とりあえず、キーケースの内ポケットに入ってさえいれば、電波遮断の効果があるようです。

リレーアタック防止だけではなく、電池持ちも良くなるかも

ここまで、電波遮断キーケースとリレーアタックを関連付けてきましたが、私がこれを購入した理由はリレーアタック防止ではありません。

そもそも私の自宅から車が置いてある駐車場まではそこそこ離れているので、リレーアタックするのは無理があると思っています。

私はスマートキーの電池持ちを良くするために電波遮断キーケースを購入しました。スマートキーの電池が切れるのがやたらと早く、先日も4か月前に交換した電池が突然切れて、朝に通勤時に慌てることになりました。

⇒⇒レガシィのスマートキーが突然電池切れ。どう対応するか(ドア解錠~エンジン始動まで) 

スマートキーの電池の減りが早い理由

スマートキーは常に微弱な電波を出し続けていますが、他の電磁波を発する物が近くにあると、スマートキーが通信状態になるため、電池が著しく消耗する可能性があるようです。

パソコンやテレビ、スマートフォン、スペアのスマートキーなどからは1m以上離すのがいいようです。 私がスマートキーを保管しているのはパソコンデスクの引き出しで、パソコンとスマートキーとの距離は20㎝くらいしかありません。また、メインキーとスペアキーは隣り合わせに保管しているので、道理で電池の減りが早いわけです。

かといって、スマートキーを他の全ての電子機器から1m以上離して保管するというのも難しいので、電波遮断キーケースに入れることで、常に通信状態になるのを防ぐことができるので、おそらく電池の持ちもよくなるはずです。

 コストパフォーマンス高し

いろんな種類の電波遮断キーケースがありますが、2個セットで1000円程のものが多く、手頃な価格で購入できます。

今後、リレーアタックがどのくらい増えてくるのかは分かりませんが、低コストで悪人から大事な愛車を守ることができます。

また、スマートキーは人によっては数か月で電池が切れてしまうようですが、電波遮断キーケースによって電池も長持ちさせることができるのではないかと思っています。

【追記】
毎回、家に帰ってくるたびにキーケースに入れるのは面倒くさそうに感じますが、毎日続けていると当たり前の習慣になり、何とも思わなくなります。

ポーチではなく、缶タイプもあるようです。