とりあえず車を楽しむ

動画変換ソフト「Leawo Prof.Media」の使い方の紹介とレビューをする【PR】

f:id:humidasu_1:20210624001705p:plain

今回、Leawo Software様より動画変換ソフトの「Leawo Prof.Media」をご提供をいただきましたので、ソフトを使用してのレビューを書きたいと思います。

 

「Leawo Prof.Media」とは?何ができるのか?

Leawo Prof.Mediaは簡単に言うと、動画変換ソフトになります。

ただ、動画変換ソフトと一言で片づけるとざっくりしすぎなので、具体的に挙げると以下のような機能があります。

Leawo Prof.Mediaの主な機能
  1. 動画を空のディスクに書き込んで、ディスクを作成
  2. ディスクをコピー(BD→BD、BD→DVD、BD50→BD25、DVD→DVD、DVD9→DVD5)
  3. ディスク内の動画を取り出し、MP4のような形式に変換、PCに保存
  4. 動画形式変換とYouTube動画ダウンロード
  5. 4K UHD BDコピー、4K UHD BD変換


もう少し具体的に書くと以下のようなことができます。

  • DVD内の動画を変換して、そのデータをスマートフォンに転送する
  • YouTubeの動画をダウンロードして、その動画をDVDやBlu-rayに書き込む
  • Blu-rayをDVDにコピーして、バックアップをとる
  • DVD内の動画をPCに取り込み、余分な部分をカットして保存する

見てわかる通り、Leawo Prof.Mediaは様々な機能が詰め込まれたマルチパーパスなソフトになります。光学ディスク(DVDやブルーレイディスク)とPCやスマートフォンとのデータの橋渡しのようなことを得意としています。

また、ソフト自体の動作が軽く、ユーザーインターフェースも分かりやすいので、初めての人でも使いやすいようになっています。

Windows、MacどちらのPCでも使用可能なソフトとなっています。

このソフトの開発元は「Leawo Software Co., Ltd.」で、2007年に設立され、事業所は中国の深圳市にある会社とのことです。

 

Leawo Prof.Mediaのインストール

ソフトのインストールの手順詳細についてはLeawo Software様の公式サイトに記載されていますので、以下のページを参照ください。

https://www.leawo.org/jp/total-media-converter-ultimate/user-guide.html#t

 

f:id:humidasu_1:20210614215825p:plain

インストール後は、まず試用版として立ち上がります。ライセンス登録をすることで製品版を使用できるようになります。

試用版はその名前の通り、31日間の使用期限や5回までの回数制限があったりするので、あくまでもお試し用です。

なので、本格的に使用する場合には製品として購入する必要があります。

 

Leawo Prof.Mediaで何ができるのか?

つづいては、実際にLeawo Prof.Mediaを使用して何ができるのかを紹介したいと思います。多機能ソフトのため、全ての機能を紹介するのは難しいですが、気になったものをピックアップしていきます。

今回は以下の機能について紹介します。

  • DVDの動画データを変換してPCに取り込み、スマートフォンに転送する
  • YouTubeの動画をダウンロードする
  • 簡単な動画編集ができる

それぞれ手順を簡単に説明していきます。

DVDの動画データを変換してPCに取り込み、スマートフォンに転送する

f:id:humidasu_1:20210621213933p:plain

まずは、ホーム画面から「DVD変換」を選択します。メニューバーにある「変換」でも大丈夫です。

f:id:humidasu_1:20210621214150p:plain

ちょっと見えにくいかもしれませんが、メニューバーに「UHD/BD/DVDを追加」という項目があるので、これをクリックします。プルダウンメニューが出るので「ディスクを追加」⇒「DVDドライブ名(私の場合、E:¥という文字)」をクリックします。

f:id:humidasu_1:20210624234054p:plain

こちらの画面ではDVDの中身を再生して確認することもできます。動画変換に進む場合は右下にある「OK」をクリックします。

f:id:humidasu_1:20210621215033p:plain

「変換」をクリックします。ここで左上の赤枠部をクリックして動画のタイトルを変更することもできます。

f:id:humidasu_1:20210624235135p:plain

f:id:humidasu_1:20210624235138p:plain

また、メニューバーの「MP4 VIDEO」⇒「編集」をクリックし、プロファイル編集から動画の解像度なども変更することができます。

f:id:humidasu_1:20210621215848p:plain

こちらの画面でもう一度「変換」をクリックするとDVDの動画の変換が開始されます。ここではデータの保存先を変更することもできます。

デフォルトではDocuments\Leawo\Prof. Mediaが保存先として指定されています。

また、動画データは容量が大きくなりがちですが、PCの空き容量と動画データの容量がここで確認できます。

f:id:humidasu_1:20210621220629p:plain

動画の変換が完了しました。これでPC内に動画のデータが保存された状態になります。ちなみに40分、1.16GBの動画の変換には15分も掛からなかったと思います。これはPCのスペックによっても違うかもしれないのであくまでも参考程度に。

 

f:id:humidasu_1:20210621220957p:plain

動画はDocuments\Leawo\Prof. Mediaの中にVIDEO_TSというフォルダができて、その中に保存されています。動画フォーマットはmp4となっていますが、movなど他の動画フォーマットで保存することもできます。

この動画を、PCとスマホをUSBでつないで転送したり、クラウドストレージ経由で移動させたりしてデータ移動すればスマホでも再生することができます。

※本ソフトにスマホへの転送機能が付いているわけではないので、一旦PCに保存してから別途、PC⇒スマホへ転送する必要があります。

 

YouTubeの動画をダウンロードする

つづいて、YouTubeの動画のダウンロード手順について説明します。

f:id:humidasu_1:20210621231457p:plain

ホームの「YouTubeダウンロード」をクリックします。もしくはメニューバーの「ダウンロード」でも大丈夫です。

f:id:humidasu_1:20210621231627p:plain

矢印でさした場所にある「▼」をクリックすると、ドロップダウンリストにYouTubeのURLが表示されているので選択します。

※ちなみにYouTube以外の動画サイトでもダウンロードすることが可能です。

f:id:humidasu_1:20210621231843p:plain

するとYouTubeのWebサイトが開きます。アプリ内でブラウザが表示されるようになっているようです。

別でブラウザを開いてYouTubeにアクセスして、ダウンロードしたい動画のURLをコピーして、、、という手間が省けるのは良いですね。

あとは普段YouTubeを使うように検索などからダウンロードしたい動画を探します。

f:id:humidasu_1:20210621232141p:plain

ダウンロードしたい動画を開くと右側のウインドウにダウンロードボタンが表示されます。動画が2つ表示されていますが、これは解像度を選べるようになっています。

フルHD(1920×1080)で再生できる動画であれば、フルHD(1920×1080)でダウンロードできますし、4k(3840×2160)で再生できる動画であれば、なんと、4k(3840×2160)でもダウンロードできます。

フリーソフトではダウンロードできる解像度に制限があったりするので、ここは嬉しいですね。

下向きの矢印マークをクリックするとダウンロードが始まります。

f:id:humidasu_1:20210621233116p:plain

ダウンロード中というタブから動画のダウンロード状況を確認できます。

ダウンロードが完了したら、Documents\Leawo\Prof. Mediaの中にダウンロードされた動画が保存されます。

 

※YouTubeに限らず、動画サイトからのダウンロードは規約違反や違法となることもあるので、事前に規約を確認の上、十分に注意してください。

 

簡単な動画編集ができる

 本ソフトでは、トリミングや文字や画像の挿入といった簡単な動画編集ができます。

f:id:humidasu_1:20210623215457p:plain

メニューバーの「変換」をクリック→編集したい動画ファイルをドラッグします。

f:id:humidasu_1:20210623215647p:plain

矢印で指したマークをクリックすると編集画面に移ります。

f:id:humidasu_1:20210623220245p:plain

編集画面に移ったので、いくつかの編集機能を紹介したいと思います。

サイドバーの「トリム(カット)」を選択して、矢印で指したスライダーを調整して余分な部分をカットできます。

f:id:humidasu_1:20210623222029p:plain

サイドバーの「効果」」を選択して赤枠部のスライダーを動かすことで動画の明るさ、コントラスト、彩度、音量を調整できます。

上の写真では彩度を100%にしてみましたが、左側にbefore、右側にafterの映像が表示されるので変化が分かりやすいですね。

f:id:humidasu_1:20210623224735p:plain

サイドバーの「透かし」を選択すると、透かし文字を入れられます。著作権のために自分が作成したと分かるためのロゴ等をいれるものですが、画像を入れることもできます。

赤枠部でテキストもしくはイメージを選択して挿入します。

ただ、挿入した画像は固定の場所にずっと表示されるので、本来の透かし文字や透かしロゴとしての使い方がメインになると思います。

 

難しい編集はできませんが、簡単な編集を直感的な操作でできるので、初めて使う人や不慣れな人でも使いやすいのが良いと思います。

また、本ソフト(Leawo Prof.Media)内で動画の変換・ダウンロードから軽い編集までが完結できるので、「動画の変換・ダウンロードはこのソフト」、「動画編集はこのソフト」というように別々のソフトを立ち上げて使い分ける手間が省けるのが便利です。

 

Leawo Prof.Mediaの購入について

 動画変換ソフト「Leawo Prof.Media」は下記リンク先からダウンロード・購入できます。

https://www.leawo.org/jp/total-media-converter-ultimate/?rs=humi

f:id:humidasu_1:20210624110400p:plain

定価を見るとやや高く感じるかもしれませんが、Leawoの公式サイトで定期的に割引キャンペーンをしているようですので、キャンペーンのタイミングでソフトを購入するのをおすすめします。

また、上述した通り、Leawo Prof.Mediaは様々な機能がそろったマルチパーパスソフトですが、以下のリストから個別の機能のみを選択して購入することもできます。

f:id:humidasu_1:20210624111153p:plain例えば、Blu-rayの変換機能だけが欲しいのであれば、赤枠部の「Blu-ray 変換」のみを選択して5550円/年間で購入できます。

ただ、複数の機能を使いたい場合にそれぞれ個別に購入すると、全ての機能がそろった「Prof. Media 11 All-in-one Pack」よりも逆に合計金額が高くなってしまうので、その場合は「Prof. Media 11 All-in-one Pack」を購入した方が安く抑えられます。

 

まとめ

動画変換ソフト「Leawo Prof.Media」について紹介しました。

主に機能面について紹介しましたが、機能面以外では以下の点が良いと感じました。

  • ユーザーインターフェースが分かりやすく、初めて使う人やPCに不慣れな人でも直感的に操作できる
  • 海外製のソフトは日本語対応していなかったり、やや不自然な日本語表現であったりする場合があるが、全く違和感のない日本語に対応している

 

動画変換ソフト「Leawo Prof.Media」はこんな人におすすめできるソフトです。

  • DVDやBDに入っているデータをPCに取り込みたい
  • 操作が難しいソフトは使いたくない
  • 動画を変換(PC⇔DVD/BD)する際に軽くトリミングなどの編集をしたい。
  • 一つのソフトのみで動画の変換から簡単な編集までを完結させたい。

 

Leawo Prof. Media製品ページ

 

'